GCC3.3リリース

え?なんでこれがMac OS Xカテゴリなのかって?決まってるじゃないですか。私がマカだからですよ。

っても、ろくに判ることなんかありゃしませんが。AltiVec用のコード最適化に関しては一切記述がありませんでした。自動的にvector化するなんて複雑なことではなく、vectorで指定した場合でも、non-altivecな環境で動作するようにコンパイルしてくれるだけでいいんだけどなぁ。

一部の処理系をAltiVecで処理するように書き直しても、アプリケーションがメモリに展開しているデータを一度AltiVec用に変換する時間が必要になるため、計算そのものは高速に終わっていても、処理開始から終了までの時間は短縮しにくい。データを全部AltiVecで処理できるように持つという方法もある。でもこうしちゃうとnon-AltiVecで動作しない。AltiVec対応が一筋縄でいかないのは、この点にあるのではないかと。

というわけで、現在開発中のイメージ処理ソフトでは富豪的に両方持たせてみたんですが、スワップしまくって、劇遅になってしまったという…G3で動かなくても構いませんかぁ?とか一瞬思ったが私のiBookで動かないのは困るわけで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。