Google Apps for “business”

昨日、Google Appsからの連絡で、Google Appsの無償利用サービスがなくなることを知った。現在無償サービスを利用しているユーザーへは無償のままサービスを提供するが、今後アカウントを作る場合、Google Appsは全て有償サービスとなる。

公式のblog、Changes to Google Apps for businessesにも掲載されているが、個人ユーザーは単純にGMailやGoogle Driveを使うよう、そして事業ユーザーへは年$50でフルタイムの電話、99.9%の稼働率保証、25GBのメールボックスを年$50で提供するとしている。

私も出版に関するドメインをGoogle Appsで運営しているが、恐らく有償サービスへ移行することになるだろう。無償枠で活動に支障はないが、今後取得する予定だった書籍ごとの連絡先を紐づけていくためには、有償サービスのアドレス数が必要になるからだ。

Google Appsはサービスを“事業にするまで”の素晴らしいパートナーだった。取得したドメインでinfo@exsample.comのような代表メールアドレスを作り、Gmailのロバストなサービスを用いられたことが事業になりきれていないWebサービスをどれほど助けてくれたことか。サービスといってもWebアプリケーションとは限らない。美容室だって屋台だって、ホームページをオリジナルドメインで持てば、顧客が信頼できる連絡先をも兪ことができたのだ。

Google Apps、いままでありがとう。数年間だったけれど、Google Appsは世界との素晴らしいインターフェイスを提供してくれた。

さて、これから取得するドメインはどーすっかな。

This post is also available in: English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。