Google Earth Flight Simulator

絶対にやると思っていたからそれほど驚きはなかったけど、実際に飛んでみるとすばらしい眺め。美麗なグラフィックを競うフライトシミュレータと比較するとそりゃチープな絵なんだけど、生きたデータの上を飛んでいる、というリアリティがすばらしい。

起動方法はCommand + Option + A(Ctrl + Alt + A)。

Google Earth flight simulator startup

起動するとこんな画面が出てきます。

細かな操作方法はFlight Simulator Keyboard Controls – Google Earth User Guideに書いてある。

主要な操作だけ粗訳

  • 起動、オプション画面表示:Command + Option + A
  • 周囲を見回す:Option (Coomand 早い)矢印キー
  • 旋回:左右キー
  • エレベータ:上下キー
  • 方向舵:Shift+左右キー

これだけ調整できりゃ10分は飛んでいられるでしょう。フライトシミュレータを普通に遊んでいる人から見るとゴルァな説明ですが、とりあえず楽しめてます。今週中にはまっすぐ飛べるようになりたいなぁ。

初期設定では飛行場からの離陸だけど、離陸自体も結構難しいので、ただの遊覧飛行ならCurrent Viewからの飛行がおすすめです。すぐに墜落するかもしれないけど、慣れてくれば矢印キーとShift + 矢印キー、Fキーで適当に遊べる程度には飛べるようになります。

Google Earth flight simulator

富士山に向かって飛んでみたり、故郷の上空を飛ぶだけでなんだかとても心が安らぎます。

自動操縦モードも欲しいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。