GX100のマクロ

マクロレンズにお任せの一眼レフと違ってコンパクト機のマクロはだいたいどんな機種でも楽しいしそれなりに力が入っているものだけど、GX100のマクロにはこだわりを感じるところが多い。

AL-Star City inside raindrops 2

GX100(R8とかGR DIGITAL IIも同じかな?)では、AFマクロのときに構図のどの位置にピントを合わせるか、カーソルで決めることができる。三脚や置きカメラで撮影するときに、AFが欲しいところにピントを置いてくれないのは困るのだけど、GX100では任意の場所に焦点持ってくることができる。

もちろんマニュアルでもいいんだけど、手でフォーカスリングを動かさないステップフォーカスだしFour 3rds系のライブビューみたいなこともできないからマクロはAFの方がいいことが多い。マクロ時は被写界深度も薄くなるし。

GX100を購入してはや一週間。

ほぼ毎日何かしら撮影しているけど、かなり満足してる。

気になるところは、カメラ本体の作り。Xacti、Lumix、Exilimとコンパクト機を使ってきてるけど、GX100はこれらのシリーズと比べて圧倒的に外装が壊れそうで怖い。カメラは大事に扱うもの、という感覚で作ってるように感じる。

持ち歩くカメラだとヒップバックのメッシュポケットや上着のポケットにケースに入れずに突っ込みたいのだけど、GX100は突起部も多いしレンズキャップもないと心配だ。いいのがあったら買っておこう。

4件のコメント

  1. きれいな画像だなあ。いいカメラだね。ちなみにプリンタは何がよいの?

  2. あ,そうそう。雨模様,雨景色のきれいな写真あったらもらえない?コミュニティに提供したいので。もしよかったら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。