HHKB購入一月め

購入し、ログインできないトラブル(只のヘタレをトラブルっていうな)から早一月。ようやくスムーズにログインもできるようになり、ほとんどの記号も空で入力できるようになった。HHKBの導入を機に、不安定さはほとんど感じないが、お作法の気に食わないATOKもお払い箱にしてことえりでがんばってみていたり。不満ないなぁ。ほとんど。

てなわけで、キーボードのそのものに関しては、ものすごく気に入っています。はじめは少々安っぽく感じたタイプ音も、打鍵速度が向上するにつれて静かになっていきました。かぽんかぽんという音は、はじめのうちだけで、指をキーの表面で飛ばすように入力できるようになると、とるるるるる…という音に化けて行きます。

で、ここんとこ、PHPだったりHTMLだったりのコーディングを営々とやっているのですが、emacsキーバインドの使えるエディタとHHKBの相性は抜群であることを再確認しつつ、やはりAdobe PhotoShopやShadeとの相性も抜群であったことを再認識した次第。カーソルキーやテンキー、ファンクションキーを探して指や手を動かすなどもったいなくて。

また、軽いキータッチも作業の効率を上げますね。たまに、iBookやパンタグラフの以前使っていたキーボードなどを触ると「重っ!」て感じますわ。30gのコニックリングが出たら速攻で導入かな。

周囲からはブッキーがられながらも、非常に気に入って使っている最中であります。

typoは増えたか?これがねぇ、全く変わらないんです。もとが腐っているってことですな(汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。