Illustratorで投影図に3Dマッピングを行う手順


多機能化したIllustratorにはいろんな便利機能があるけれど、投影図マップを手動で行う方法程度は基本的な図形編集操作だけで行えるようになっておくと、いろいろ便利。


D

これは、パースのついていない投影図ではすべての長方形が平行四辺形として投影される、ってのを利用した作図法です。

どんなに回転した平行四辺形でも、一辺を垂直(水平)に回転させた状態にするとスケーリングと一方向のシアー変形だけで、長方形をフィットさせることができ、回転を戻してあげると3Dマッピング完了。

とまぁ、言葉で説明すると全くわからないからスクリーンキャストしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE