>iPhone 4

>発売日に入手できていたのだけどここに書くのを忘れていた。iPhone 4を使い始めてはや二週目。
書かなかった理由はうまく書き表せなかったから、という理由が大きいんだけど、つらつらと書いてみる。

最大の特徴である高解像度のRetina Displayは素晴らしい。写真はiPadと重ねて撮影しているんだけど、液晶のマトリクスがはっきり見えるiPadとほとんど見えないiPhone 4。実際に使っているとiPadやMacBookの文字が滲んでみるほどの高画質。今後数年かけてiPadやMacBookもRetinaになっていくんだろうけど、楽しみでしかたがない。

写真やビデオに関しては、撮影時に細部がわかるのがありがたい。コンデジの方が画質はいいんだろうけど、ますますiPhoneでいいや、と思ってしまう。

ケースのデザインはとてもクールで手に持つと確実な存在感がある。少し細めになったので片手での操作がより楽になった。電源が入っていない時にはどこまでがLCDなのか一見してわからないのもいい。

素材の選定には危うさを感じる。裏までガラスなので机に置くような時に硬いゴミがあったら割れちゃうんじゃないかと危惧してしまう。

デザインに関してはアンテナでケチがついちゃってるのが残念。普段行動してる場所だと電波が弱いと感じた事はないけれど、弱い場所でアンテナをショートさせると感度が落ちるのはわかる。
ポケットの中で裏表がわからなくなってしまったのがもう一つ残念な部分。

対応アプリも増えてきてるのだけど、一番気にいってるのがARアプリのSightSS。ボタンはまだ高解像度になっていないけれどリアルタイムに動く高解像度のビュアーには感動した。

絵を描くアプリが対応してくるとまた別次元の感動があるんだろうな。

おっと忘れてた。カメラ系はiPhone 4で動かないものもある。端的に出たのがUstream Broadcaster。
動く事は動くのだけど、真っ青な映像が流れてしまう。取得画像のサイズが変わってしまった事に対応できてない様子。先ほど挙げたSightSSも対応版が出るまではカメラからの映像を取得できなかった。
iPhone 3G時代からあるアプリはカメラ系でも問題なく動くものが多かったりする。痛い目見てるんだろうな。

– Posted using BlogPress from my iPad.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。