iPod touchでWebをオフライン閲覧してみたい

@vm_converter Safari→キャプチャリングソフト(Paparazzi!とか)→iPodへ転送、というAutomatorアクションが書けませんか?

Twitter / isana: @vm_converter Safari→キャプチャリ…

というisanaさんのつぶやき以降のTwitterコメントを見て印刷メニューのPDF>iPhotoでいけんじゃね?と思ってやってみた。

  1. iPhotoにiPodというアルバムを作成
  2. SafariでiPodに持ち込みたいページを閲覧しつつ、メニュー>印刷
  3. 印刷ダイアログのPDF>PDFをiPhotoに保存を選択
  4. 保存先アルバムをiPodに設定し、保存する。
  5. iPod touchを接続して、写真にiPodを同期する

一度アルバムを作ってしまえば印刷メニューからばしばし印刷できるので楽。

問題は、画質。iPod touch向けに縮小されてしまうので、ちょっと文字は読めないなぁ(w

iPhone/iPod touch向けのSDK公開も控えているし、OS XではPDF閲覧もできることが確認されているので、データの転送とファイルブラウザさえありゃいいわけだから、だれかいいPDFビュアーを作ってくれると期待することにしましょう。

ちなみに、このような実験などをするとき、iPodを接続してiTunesでの同期が始まってしまうのがウザければ、Command + Option を押しながら接続すると、同期処理を行わずにiPodを繋ぐことができますのでおすすめです。ただ充電したいときにも使えるけどね。

Dockスタンドを使っていない私のような環境の場合、このショートカットがとても使いにくいのは皆さんお気づきだろう(笑)

Mac OS XならCommandとOptionは隣り合ったキーだから小指と薬指で押さえながらiPod touchをホールドしてケーブルを刺せばいいが、WindowsだとShift+Controlキーになる。これもキーボードレイアウトによっては連続したキーだけど、ちょっと押しにくいかもしれない。

ちなみに、このショートカットは、iTunesのショートカットだ。iTunesでiPodを認識するまで押しっぱなしにしていないと意味がない。

7件のコメント

  1. どうも、メールですか。
    いろいろ工夫しないといかんのですね。
    日本のケータイだと簡単なんですけど、今度は画面が小さいのでズームとかスクロールとか操作が煩わしいんですよね。

  2. 私の場合、GMailにメールするだけでいいので、それほど面倒には感じませんでした。ハード的に繋ぐ作業は全く要らないですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。