iPod touch software 1.1.1

iPod touchのファームウェアアップデートが行われた。バージョンはiPhoneと同じ1.1.1。

内容は「不具合の修正」とのことだが、詳細な内容はわからない。

ipod1.1.1

アップデータのダウンロードが終わるとiPod touchが一度終了し、一瞬悪名高いロック解除画面が表示された後、ちょっと長めの再起動が行われ、再度再起動する。

そして、英語インターフェイスになっている。もう、ちょっと慌てすぎだよApple。

肝心の不具合修正の内容はわからない。

iPod touch software 1.1.1の導入

上でも書いたけどiPod touch software 1.1.1を実行すると、再起動後に英語インターフェイスで起動しているが、それ以外のセッティングは私が触った範囲では変更されていない。タイムゾーンやキーボード設定、各種アプリケーションの設定、Wi-FiのWepキー、Safariのクッキーなどは変更されていないので、使う分には全く何も支障はない。

日本語に戻す方法は、Homeボタン>Settings>General>InternationalでLanguageとRegion Formatをそれぞれ日本語、日本に戻せばいい。

まさかとは思うが、ロック解除を行うために一度iPodを英語インターフェイスに切り替えてるってことはないよな。

お宝の隊長に指摘された

id:otsuneさんに指摘されて、隊長のtwitterがprotectedなことに気づいた。これは私信相当と考えるので、引用削除しました。otsuneさん、指摘に感謝。

アップデート後、液晶の表示が妙にしゃきっとしていたように感じていたのだ

けど、ひょっとしたら画質も調整されたのだろうか。

2件のコメント

  1. 私のtouchはセットアップがずれこみ、丁度ファームのアップデートが初回のセットアップと重なりました。確かにいきなり英語モードで起動したのには面食らいました。こうなると、一々言語周りのセットアップを修正するのが面倒ですね。
    使ってみて。やはりスケジュールの追加ぐらいは出来るようにして欲しかった。サードパーティのスモールアプリケーションに期待、ですかね。

  2. スケジュールの追加を封じた理由は全くわからないですね。iPhoneのアドバンテージが薄れるわけでなし、価格も値下げで接近したことでもありますし。
    私はもともと英語と日本語を切り替えながら使ってたので慌てなかったですが、出荷状態が日本語なので慌てる人は慌てるでしょうねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。