まさかKoboが来るとは

Gene Mapper」も本日の昼、ようやく最終稿の推敲すいこうが終わり、ここから電子書籍出版のための作業が始まる。推敲を原稿に反映させ、ルビや縦中横などをマークアップし、EPUBのスタイルシートを組み上げていく。Amazon もまだ来ないし、 Google Play Books も、Apple の iBooks Store もまだっぽいので、いくつかのインディーズなチャネルと直販から始めようか。プラットフォーム対策は後からだ……なんてことを考えていたら、驚くべきニュースが飛び込んできた。

日本にとっての電子書籍の黒船は楽天だったのか!むささびの視線 より)

楽天の Kobo を忘れていた!アプリの存在は知っていたけれどプラットフォームとしてはようやく Kobo writing Life が始まるかどうかといったところで完全にシカトしていたけれど、ハードウェアの電子書籍ビューワーを出すとなると注目しないわけにはいかない。

まず、アプリから。日本語縦組……信じられない。いけている。それもかなり。ルビの位置が若干ずれるけれど充分許せる範囲内だし、 Kinoppy と違って文中リンクも動作する。なにより縦横を織り交ぜたレイアウトがきちんと動くことには感動した。動作速度が物足りないのが残念ではあるが、これなら推奨ビューワーとして Kinoppy と並べられる。欧文の縦書きを実現するために用いたかった text-orientation: upright がマトモに動作するEPUBビューワーはとても少ないが、Kobo Appは対応している(そのかわり縦中横で使いたい text-combine が使えない。まぁいい。こちらの逃げ道はある)。

[retina normal=”http://blog.taiyolab.com/wp-content/uploads/2012/06/kobo_2x.png” retina=”http://blog.taiyolab.com/wp-content/uploads/2012/06/kobo_2x.png” width=”640″ height=”auto”]
Kobo の縦組みサンプル

iPhone版は読書に充分な速度で動作する。iPad版はすこしもったり感じてしまうかな。しかしソーシャルリーディングは魅力的だ。AmazonやGoogle、Appleの電子書籍プラットフォームがここまで出遅れてしまうと、プラットフォーム・フリーな書籍の流通量も相当なものになるだろう。

しかし楽天が三強に先んじるとは本当に思っていなかった。楽しみがまた増えた。

This post is also available in: English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。