kobo touchの感想

楽天のkoboサービスのオープニングは昨日書いたようなことも含め、散々な出足だったようだが、これからが本番だろう。今日はkoboの専用リーダー、kobo touchについて書いてみたい。

[retina normal=”http://blog.taiyolab.com/wp-content/uploads/2012/07/kobo_review.png” retina=”http://blog.taiyolab.com/wp-content/uploads/2012/07/kobo_review.png” width=”600″ height=”auto”]

EPUB3で期待される日本語の縦書き組版の再現度は、トップクラスだろう。縦中横やルビ、圏点のようなインラインで動作する修飾はほぼ完璧に動作している。また、固定レイアウトでなくても、部分的な横組みを挟み込むこともできるのが素晴らしい。章タイトルを横組にできると、英単語や数字を用いて美しく組むことが可能になるのは嬉しい限りだ。

モリサワのフォントを選んだセンスは良かった。だがリュウミンLは戴けない。印刷用フォントの中でも屈指の「線の細さ」を持つリュウミンLは、eInkの解像度では見るに耐えない。ひょっとしたら適切なヒント情報を与えていないだけなのかもしれないが、横の線がビビってしまっている。せめてMであったなら……フォントは簡単に追加できるので(USB接続したkoboにfontsというフォルダを作って入れるだけだ)、ライセンスを持っているならば是非試してみてほしい。リュウミンLは細すぎるのだ……などと言えるのは、iPadのRetinaディスプレイに慣れてしまったからなのだろう。

eInkの切り替えは遅いとも早いとも感じない。慣れれば気にならなくなるだろう。どちらかというと、タッチの反応の悪さに辟易することの方が多い。ソーシャルリーディングを楽しむならば、iOS用のアプリ……どうなるんだろうな。あれは。

kobo book storeで購入するファイルの多くはAdobe DRMなどの、Kobo books特有の機能を持つ拡張EPUB、KOBO EPUBになる。USB接続したkobo touchに.koboというフォルダがあるが、この中にプレインストールや購入ファイルが格納されている。もちろんDRMがかかっているので主文はスクランブルされて……そんな中身の話はどうでもいい。

私が困っているのは、このKOBO EPUBとして認識されないと、Koboご自慢のACCESS社製リーダーはEPUB3だと認識してくれず、EPUB2としてパッケージコンテンツを読み込む。EPUB3を読み込ませるとスタイルシートは適用されず、綴じ方向(spineのdirection)も反映されない。フォントファミリーの指定を行っていなければトーフになってしまうという問題だ。標準規格EPUB3とあれだけ記者会見で持ち上げておいて、プロプライエイトな識別子をつけなければ使えないのが、現状のKobo touchだ。

.kepub.epubという拡張子をつければいいだけの話なのだが、一般配布する標準規格の書類にプロプライエイトな識別子をつけるわけにもいかない。

追記

.kepub.epubをUSB経由などでkobo touchに保存すると、しおりや書き込みなどが全く動作しない。.kepub.epubは、kobo bookstoreから販売される書籍につけられるプロプライエイトなコードだから、既読管理はReading Lifeと連動することが前提だからだろう。.epubだけの書類は、Adobe Digital Editionのエンジンを用いたしおりの管理が行われているのだが、.kepub.epubではこれが動作しない。「自分で作ったEPUBを読む」だけならばいいが、配布した書籍を読んだ場所が記録されないのは困るのだ。「Gene Mapepr」は一気読みができる小説だからまだいいが、もう少し長い作品や少しずついろんな本を読んでいる状態では、kepub.epubを使うのは読者に酷い体験を味合わせてしまうことになる。

iOSのkobo.Appは普通にEPUB3もEPUB2も読む。現状の仕様が楽天Koboの姿勢ではないと信じたい。

いろいろ書いたけど、専用リーダーはいいね。「Gene Mapper」のゲラを通勤中に読んでいたのだが、いままでにない、気持ちのよい読書体験が得られた。

This post is also available in: English

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。