>LAMY SAFARI

>LAMYのSAFARI万年筆をここ4年ぐらい使ってる。万年筆は好きなんだけど雑に使ってしまうのでボディがインクタンクになってるのとか高価なペン先は敬遠せざるを得ない。
その点プラスチックの本体にカートリッジインク 、左手で押し書きしても惜しくない値段のペン先の廉価なSAFARIは扱いやすい。


キッチュなデザインも魅力なSAFARIなんだが新モデルからはクリップがクロームメッキになってしまう。金属の質感は素材が安いと安っぽくしかならないので、現行の黒クリップでスタンダードな色を揃えるため、吉祥寺のFreeDesignで黄色のSAFARIを購入した。渋谷のITOYAにもまだ黒クリップしかなかったから入れ替わるのは当分先かな?ともかくこれで黒、赤、青、黄色が揃った。コレクター趣味はないんだけど揃うと可愛らしい。

見ての通りLAMY SARAFIはカラフルなボディが特徴なのだけど、標準のカートリッジインクは地味そのものなラインナップなのが残念。黄色のSAFARIも一本だけ持ってれば上品な黒インクでもいいんだろうけど4本あるなかの黄色だとボディに合わせたインクが欲しくなる。

SAFARIシリーズはLAMYの純正カートリッジと同じ形のコンバーターを使って他社製のインクを使うこともできるので、ボトルのインクを使うことにした。


既に赤インクはインク研究家Dr. Yansenのハンドメイドインク、人名シリーズからKarl Marxというものを使っている。上品だけどくっきりした赤インクで、書きたてで濡れているときは鮮やかに、乾くとすこし濃い色に変わって行く様はまさに労働者の血のサイン。このあたりのユーモアが楽しい。

黄色、妥協してもオレンジ色というのは難しい色で、薄いとクリーム色の紙に書いたときに見えなくなるし濃いと黄土色や茶色に見えてしまう。Dr. Yansenのシリーズにオレンジがあったかもしれないという記憶を頼りに渋谷のITOYAに行った。


記憶とは異なりDr. Yansenのシリーズには黄色やオレンジ色がなかったのでCARRAN d’ASCHのサフランを購入した。老舗の筆記具メーカーだけあってカラーインクも充実してるのね。サフランの色も絶妙のバランスで気にいった。

– Posted using BlogPress from my iPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。