Leopardのモディファイアキー設定

Caps LockをControlキーに入れ替えたりするMac OS Xのモディファイアキー(修飾キー)変更機能が、Leopardで大幅に強化されている。

従来は接続されたすべてのキーを変更するしかなかったため、MacBookなどのラップトップを使っていると、Windows用のキーボード用にCommand ⇔ Optionの入れ替えを行うと、内蔵のキーボードまでが変更されてしまっていたが、Leopardではキーボードすべてを個別に設定することが可能になった。

Modifire key swapping

ま、個人的にはHappy Hacking KeyboardとApple Wireless Keyboardしか外部キーボードを使っていないので関係ないんだが、Realforceなんかを視野に入れることができるようになったのはとてもうれしい。

てな話をMacを知らない人にすると「そんなこともできなかったの?」とか言われちゃったりするんだが、前提が違うんだよな。キーボードメーカー製の—時にものすごく不安定な—専用のドライバやユーティリティを入れなくても標準機能で統一したインターフェイスのもとに、最低限は変更できるってのがいいところなんじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。