LP8800CPSドライバ

くのやろ,待たせやがって。

で、早速インストール……っておい。

  1. プリンタを選択
  2. PS3ステータスシートをプリント
  3. シートのバージョンを入力
  4. インストール

なんだが、ステータス印刷して読めって……ひょっとしてCUPSの存在を知らない?

インストールパッケージがディスクイメージからでないと使えないんですが、インストーラなどの親アプリケーションの位置を知るためのAPIはきちんとあるんですけど……ディスクイメージからインストールでないとマズいことってあるのかしら。

つかMac OS Xの開発環境を「普通に」使って作ったオンラインウェアなら大概できてることが何でできない>エプソン。PPDだけ配布しろよ。って結局インストールしたPPDですが、MacOS9用を文字コード変更したPPDとほとんど同じなんですが……何か違ったのかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。