Mac Fan連載

2015年の8月号から、Apple製品の専門誌、Mac Fanに “Tales of Bitten Apple” という連載を始めている。お話をいただいたときに思い出したのは、ログインに掲載されていた火浦功さんのショートショートだ。

いただいた紙面はA4の見開きで、PC、IT系の雑誌には珍しく縦書きだ。他のライターの面々(と、何よりもiPhoneのようなアルファベットを縦に組まなければならないグラフィックデザイナー)は苦労していると聞くが、小説は縦書きの方が馴染む。原稿用紙にして約9枚という長さは一般的なショートショートよりもすこし短く、情報量がどうしても多くなる私の作品にはかなり短い。だけどMac雑誌ならApple製品やIT用語をわかりやすく描く必要はないので、その部分で圧縮できる。よし、やってみようと思った次第。

毎話完結だが、偶数回、奇数回で共通した舞台と登場人物を用いることにした。奇数回の舞台は2025年ごろで、主人公は銀座のApple Storeでジーニアスとして働いていたハチヤさん。偶数回はほぼ現在が舞台で、怪しげなApple製品のトレーディングをやっているジャンボさんが主人公。いずれもモデルがいて、もちろん本人に了承をいただいている。現行の製品が懐かしいものになっている近未来のハチヤ編と、今どこかで活躍しているかもしれないApple製品を扱うジャンボ編という構成だ。この二つの線がどこかで交差するのかどうか、今はわからない。

イラストレーターは前職でもお世話になったデジタルノイズの灯夢さんにお願いすることになった。キャラクター小説の挿絵とは一味違った、絵本のようなイラストがとても好きだ。灯夢さんは、私が前職でプロモーションしていたArtRageを使ってくれている。もちろん書き味が良いからとのことだ。灯夢さんはカラーの原画をツイートしてくれる。白黒印刷の本誌でも空気を感じるのだけど、カラーはやはりすばらしい。今号掲載の第9話「光の描き方」はこちら。

一冊分が揃うのは来年の夏。専門誌ということで圧縮した分を展開し直さなければならないから、元になる原稿が揃った後すぐに書籍化とはいかないだろうけど、加筆も楽しみな作品群だ。

This post is also available in: English

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。