MacFUSE など、もろもろアップデートされとる

macfuse – Google Code

安定化してます。特にsshfsの使用者はアップデート必須。

  • MacFUSE 0.2.5
    • デーモンがタイムアウトした時の警告ダイアログ
    • ファイルシステムがアンマウントされたらデーモンを終了する
    • 初期設定でping送信するようになった
    • __asm__が定義されなくなる

Changes and Feature Additions in MacFUSE Core Binary Releases

  • sshfs.app 0.2.0
    • デーモンのタイムアウト、アンマウント時に警告表示する(MacFUSE 0.2.5の機能へ対応)
    • 一部のアプリケーションからsshfsへ保存したときに発生していたハングアップに対処(Microsoft Wordなど)
    • TCP_NODELAYをサポート(sshnodelay.soを使用する)
    • パス名のキャッシュに関する問題の対処
    • workaround=rename が初期設定で有効になっている
    • MacFUSE 0.2.5でサポートされたアンマウント時のデーモン終了に対応
    • ディスクイメージからsshfsを起動したときに/Applicationsへ移動する機能を追加

The SSH File System for MacFUSE

てなところで、MacFusionなんていうのもあるらしい。こっちの方が実用的だね。まだまだFTPってあるもんね。

MacFusion | The GUI for MacFUSE

  • SSHFSによるsshサポート、CurlFTPSによるFTPサポート
  • SSHおよびFTPパスワードをキーチェーンに保存
  • MacFusion起動時にお気に入りのファイルシステムをマウントする機能
  • URLハンドラ(sftp://やftp://)での起動に対応

とにかくキーチェーン対応とSSHKeyChain対応はすごくうれしい。

追記

MacFusionのリンク貼り忘れてたので追加。

もともと、Mac OS Xはftp://のURLハンドラでFinderにftpをマウントする機能があるんだけど、リードオンリーで使い物にならんという半端な実装しかなかったわけだが、CurlFTPhsやssfhf、そしてそのGUIアプリケーションであるMacFusionのおかげで、ftpに加えsshまでもFinderで透過的に扱えるようになった。

私は、もうこれ以上、専用のFTPクライアントを探す気になれない。FTPクライアントには2画面での優れたインターフェイスやファイルの同期機能などがあるが、Finderの延長で使うツール(FileMergeやBBEdit)を探すほうが効率いい。CyberDuckやRBRowserにはお世話になったし、今日止める、捨てるってこともない。でも、ね。

ネットワークファイルシステムだけじゃない。合肥に行ったとき、スタッフがntfsでフォーマットした(中国語の場合FAT32などのレガシーなファイルフォーマットはいろいろ問題があるんだと)USB HDDをすんなりMac OS Xにマウントできた。もちろん中国語のファイル名の付け替えすらできるんだ。

世は仮想化ブームというが、仮想化するのはOSだけじゃない。ファイルシステムだって仮装化されていく。ファイルシステムになりうるものがすべてFinderで扱える日も遠くはないんだ。そういう未来を少し覗いてみないか?

さて、MacFUSE 0.2.5への再起動だ。

1件のコメント

  1. >> ファイルシステムになりうるものがすべてFinderで扱える

    UNIX の根源思想というか、一歩(現実を)踏み外すと Plan9 っすね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。