Matrix Revolutions

昨日はMatrix Revolutionsなど見に吉祥寺のバウス3に行ってきました。

しかし、バウスシアターのWeb見ると、一般的なシネコン想像するよね。指輪とかMatrixとかニモかかってるし、さぞかし大きな映画館に違いない。箱が三つもあるし、吉祥寺だし……はずれです。

一番大きなバウス1で218席。中は小劇場。鉄パイプバトンや配管むき出しの天井、T1の客調、ガムテ跡も生々しい壁、黒パンチ、雑グロ、ビニデラックスの黒で補修した……俺の青春がここにある(違

とにかく、小劇場サイズの箱が三つ繋がった、いい雰囲気の映画館であります。

映画と、それにふさわしい箱ってあると思うんだよね。視界いっぱいの大スクリーンやシートが揺れるほどの大音響が欲しい映画もあれば、小さな荒れたスクリーンがふさわしい映画もあると思うんだよな。Matrixは私にとって小さなスクリーンで見たい映画だから、バウスで最終作を締められたのは幸運であった。もし、11月頃に時間があったら間違いなく先行上映やらを大箱に見に行っただろうから。

で、映画の中身ですが。恨むぞ、J-Waveの誰か知らんがパーソナリティ。俺はストーリーや展開なぞ全部ばらされても構わんが「ものすごい数のセンチネル」とか言いやがって。あほう。期待しちゃったじゃないか。私の心では数兆匹のセンチネルが無限の解像度を持った画面いっぱいに襲ってくるシーンが何度も再生されていたのだよ。皆が映画をストーリー目当てにいくと思うなよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。