MicrosoftがLonghornの3Dユーザーインターフェイスを明らかに[pc.watch.impress.co.jp]

これ「ユーザー」インターフェイスのデモなのかしら?てな茶々はおいといて、いいじゃないですか。もっとやって欲しいですねこういうのは。OSがハードウェアに要求するスペックが高くなってくれないと、高速なハードウェアの存在価値がなくなってしまうじゃないか(笑)。

GPUにテクスチャ貼り付けたウインドウオブジェクトを描画させるとしても、そのテクスチャを生成するにはCPUが必要になる局面も相当あるわけで(ていうかQuartz ExtremeではCPUにかかる負荷がかなりデカイ)、高速なCPUの需要が出てくる。となると、レンダリング箱として使うだけの私のような人種には有り難い。OpenGLよりも命令セットが潤沢に見えるDirectXであれば、GPUでの処理も多くなるかもしれませんけど、少なくともDDRの普及にも一役買ってくれることでしょう。また安値でレンダリング専用機を買えるかもしれないな。

ここらで真面目に。Mac OS Xでちょっとだけ(多分OpenGL使ってる分だけ不利だと思うが)先取りしているGPU依存型のウインドウシステムを使っている感想ですが、快適です。マジで。なんといっても、ウインドウを動かしたときの裏面描画が一切見られないことからくる安心感がとにかく大きい。

半透明だとか、ウインドウのアニメーション(Mac OS Xだとジニーアクション)はどうでもいい。とにかく、ウインドウの奥が常に「ある」ことの安心感は、一度GPU依存のウインドウシステムに慣れてからそうでない環境を使わないと判らない。と言いたいところだが、そういう部分に拘ってしまう私のような人間も少ないのかもね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。