精選版 日本国語大辞典のアプリを購入

iPhoneやiPad用の日本語辞書はいくつか持っている。一番使っていたのがロゴヴィスタの広辞苑第6版だった。気になって自分のブログを検索してみたら、2008年、iPhone 3G用に買っていたようだ。600MB近くの辞書アプリをiPhone 3Gで使うには、iTunesでダウンロードしてからiPhoneに移す必要があった。

広辞苑がキタ!(はてなダイアリーに投稿)

2012年、Gene MapperをiPhoneで書いていたときには、この広辞苑がとても役に立った

今回買ったのは物書堂の「精選版 日本国語大辞典」だ。通常価格7,800円のところ、2017年の1月31日までは4,800円で購入できる。物書きをしているなら迷うことはない。買おう。

このアプリは、小学館が発行する精選版 日本国語大辞典(小学館)の電子版だ。30万の用例と30万の項目は、40年かけて3,000人の専門家の手によって編纂された13巻組の「日本国語大辞典」を凝縮したものだ。お値段は三巻組で45,000円。三巻束ねた時の厚みは20センチほどになる。私も図書館で使ったことがあるが、書架からもってくるのに一苦労。項目を探すのにまた一苦労。びっしりと組まれた文字を読むのに、私は老眼鏡を必要とした。自宅に置いて使うようなものではないし、買っても本棚の飾りになるのは確実だ。それがモニタの脇のiPadで開きっぱなしになっていることにまだ戸惑いを感じているほどだ。

戸惑いの理由はいくつかある。美しい組版と、練りに練られた文章、そして引用される文の美しさだ。

このアプリを開発した物書堂のウェブサイトには、縦書きのテキストレイアウトエンジンから作り直したという美しい組版についても、電子辞書が紙に劣ると言われ続けていた「出会いのなさ」を解消するための方法についても紹介されている。そして冒頭には小学館の「精選版 日本国語大辞典」三巻組の威容がわかる写真も掲載されている。ぜひ訪れて見てほしい。

精選版 日本国語大辞典(物書堂)

物書堂の「精選版 日本国語大辞典」は電子化された書籍の、一つの理想的な形だ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。