MP3Concept回避

しろやまさんの対処法

Carbon/CFMをMac OS Xで開くときに、MP3Conceptの特徴である、データフォークの先頭にppcコードがない場合に警告を出すツール。ダブルクリックして起動したときに働くため、自分の意志で用いる識別ツールよりも大きな効果が期待できる。

ほとんど全てのCarbon/CFMアプリケーションは一般にファイルの先頭から始まるが、MP3Conseptおよびその手法を用いる悪意のソフトウェアでは、データファイルの先頭ではない位置にJoy!peffpwpcから始まるppcコードが配置される。しろやまさんの対処法はLaunchCFMAppがCarbon/CFMを起動する直前にppcコードが先頭にない場合にダイアログを出すことで、悪意のソフトウェアが起動することを防ぐ。先頭にppcコードがある場合は本来のLaunchCFMAppに処理を渡す。

おつかれさまでした。>しろやまさん。

Appleがソフトウェアアップデートを出すまでの間は、念のためこれで乗り切ることにいたします。

修正

id:dnsystemさんの突っ込みでtypo修正。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。