Office:mac 2008を購入

Office 2008 for Mac

Office 2008 for Mac

Office 2004は買ってなかったのでOffice Xからのアップグレード。

iWorkは仕事でガリガリ使っているが、やはりOfficeは必要なのでIntelMacネイティブのOffice 2008を購入した。

契約書のやり取りやVLOOK関数を使いまくったExcel書類などはiWorkでは歯が立たない。また、メイリオで作成されたOffice 2007書類のレイアウト崩れも問題だった。

手早くさっさとiWorkでそこそこ作ってから、MS Officeでまとめる、というスタイルが最近定着してきたので、ネイティブ動作は本当に助かる。

書くことがあればレビューしてみよう。

フォントの互換性が向上している!

いきなり、書くことがあった。

フォントの互換性向上は、これだけでOffice 2008を購入する決め手になる。

Office 2008でアップデートされたMS Pフォントなどの和文プロポーショナル書体を用いると、Windows風に文字詰が行える。CocoaのテキストフィールドでもSafariでも「Windows風」の、あの見苦しい字詰めが再現できるのは大変ありがたい。

リボン風のインターフェイス

Office 2007のリボンはユーザを悩ませただけのようだがーー私は個人的にOffice 2007のリボンが好きだ。なぜならWindowsでOfficeを使う機会が極端に少ないために、ウィザードが常に表示され続けているようなリボンは、隠さなければならないほど肥大してしまったメニューを持つOfficeを使うときにいい手がかりになるからだーーOffice:mac 2008にも似たようなインターフェイスが搭載されている。

Windows版のMS Officeと違って、Macではメニューを半端に隠すような仕掛けは搭載されていないため、もともとコマンドの見通しが良いのだが、これに加えてリボン風のミニウィザードでちょっと凝った操作をさくっと行えるのはありがたい。

動作

Office:mac 2008の動作は全体に緩慢である。iWorkのきびきびした動作に慣れてしまうと、ちょっとイラっとくることもないではない。

ただ、Office XやOffice 2004と比較すると安定感はある。全体に緩慢なだけで、処理によって固まったりするようなことはーー短時間しか使ってないからひょっとしたらあるのかもしれないがーー今のところない。

相変わらずCocoaのテキスト処理のEmacs風キーバインドが使えないのは痛いなぁ。

ファイルからのドラッグ、別アプリケーションへのコピーなどはかなり行儀がいい。

ファイル作成

docxなど、MSのXMLが標準形式。徐々にこのスタイルに切り替わっていくのだろうから歓迎したいところ。iWorkでも読めるし。

4件のコメント

  1. ご無沙汰です。こっちはWinのOfficeもXPどまり。そろそろVerUPの時期なんですが、Mac版の2008はなかなか良さそうですね。PDFの編集なんかは、ライセンスがMac版のみ所有の為、どうしてもMacで作業しないとならず、さりとて仮想OS環境は避けたい、ということで、互換性が高くなっているなら買いですかね。

  2. 2004が結構良かったので、2008 になって嬉しい事が メイリオだけだったという状態です(涙)
    UB になった分だけマシではあるのですが、それでも確かに重たいですし。
    結局、新規作成でかつ互換性がいらない場合は iWork(てかNumbers)、人の文書をかるく見たりいじったりするときのみ 2008、マヂに Office 使うときは VMware Fusion + WinXP + Office2003 になってます。動き出してしまえばこっちの方が速いし(その分メモリは馬鹿食いしますが)

  3. だちょうさんご無沙汰です。Office 2008は懸案だったレイアウト崩れも(軽く見た感じでは)Windowsの環境差程度に収まってますのでかなり気が楽になりましした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。