オービタル・クラウド 文庫

発売から2年と2ヶ月を経て、ついに『オービタル・クラウド』の文庫が発売されることになりました。若干、通常のスケジュールよりも短いタイミングでの文庫化ではありますが、舞台となる2020年までの期間や、昨年の2つの受賞を考えるとよいタイミングでの文庫化だと思います。単行本で470ページあった物語は、上下巻に分かれます。上巻には用語解説が、そして下巻には大森望さんが解説を書いてくださいました。

『オービタル・クラウド』上巻『オービタル・クラウド』下巻 ハヤカワオンライン

新たに加わった下巻の表紙は、サマンサ・クリストフォレッティ飛行士によってISSから撮影されたイタリア半島。タイムラスプの一コマです。映像も美しいので是非ご覧ください。

Watch: Stunning timelapse of Earth at night from International Space Station

『オービタル・クラウド』は私の長編2作目なのですが、幸運なことに第35回日本SF大賞と
『SFが読みたい! 2015』ベストSF 2014での一位、そして第46回星雲賞の日本長編部門を受賞しました。すでに幾つかの国で翻訳も進められてもいます。本作で描いた宇宙への挑戦はそれらの国でどのように受け入れられることでしょう。今から楽しみです。

改稿にあたって、『オービタル・クラウド』を書いていた2013年の時点では予想していなかったことをどのように反映させるのかに悩みました。軌道上のホテル(しかも作中で描いたものと同じ膨張式)や、HTVでのテザー実証試験、そしてアメリカとイランの国交回復など、現実が追いついてきている部分は改稿で反映させている部分もありますが、ISILと、長引くシリア内戦、ヨーロッパを分断の危機に陥れている難民問題については改稿の範囲で挟むことを断念しました。これらの問題については、別の小説で描くときに自らに問いかけていきます。

まずは手に取りやすい形になった『オービタル・クラウド』を、ぜひお楽しみください。

This post is also available in: English

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。