OS X Server 10.2.8 Update

10.2.8 アップデートは、次のアプリケーション、サービス、テクノロジーについての機能強化と信頼性の改良を行うものです: オーディオ、Bluetooth、Classic 環境の互換性、Finder、グラフィック機能、LDAP、パワーマネージメント、Safari、および FireWire と USB 装置との互換性。
また、最新の「Security Update」で実施されたセキュリティサービスなどのアップデートも行われます。
アップデートの詳細については、次の Web サイトを参照してください:
http://docs.info.apple.com/jarticle.html?artnum=25524

[#:title=ソフトウェアアップデートの説明文]

への対処となっている。

速攻でアップデート。

にもあるように、LANからのDOS攻撃にも対処しているらしい。古暮涼さん、いつもありがとうございます。

つか、こういうアップデートの実行に迷いがないのがAppleの信頼というものか…。Microsoftのアップデータが忌避されることがあるのとは大きな違いであるな。

不具合で停止…音沙汰なし

おーい。と。

幸いなことに私の環境では不具合が出ていないのですが。情報出さずに提供を引っ込めるのってどうなのよ。

んで、Harden-Macにてid:vm_conveterさんから「私信」をいただいたので反応。どうもMLに投げるような内容じゃないし(^^;;;

P.S.

私信で>太洋さん

だからアップデータの品質なんてMSもAppleもそんなに変わらないと思いますけどね。

「Win 2kにSP4当てたら× ×」てのと「10.2.8当てたら× ×」てのと。何も変わらんかと。

アップデータを引っ込めるだけでアナウンスもできない現状とか見てると、非難されがちな

MSにさえ劣ってるなぁとか思いますが。

webバグ使った広告メール送信の仕組み作ってるヒマが有ったら、緊急時の

アナウンスをどうするか位考えて欲しいものです。>Apple & アップル

いやまったく。

実際のところ、アップデータの品質自体はどっちも変わらないと思うのですよ。Appleのほうが優れてるなんて思ってないです。わたしは。

ただ、印象の問題だよなと。SPで実際にアプリが動かなくなった、というのを体験してしまったユーザはどうしたってWindows Updateの即時アップを忌避するだろうし、Mac OS Xユーザも今回の罠に引っかかっちゃえば同じこと。

以前もiTunesのアップデータでHDDを見えなくした実績があるわけで、それでもキターつってパッチを当てる風潮があったのに、今後はそうも行かないんでしょうねぇ。

とにかく、今回の対処は信頼落としたよなぁ。駄目なら駄目ですぐにアナウンス出せばいいのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。