みずほ銀行のATMに見るショルダーハック回避手法

みずほ銀行のATMでは暗証番号のショルダーハックを回避するために、LCDに表示するキーボードをランダムに90度回転して表示するようになっている。

上下反転したnumericキーは電卓か電話のいずれかのレイアウトなのでそれほど戸惑わないが、横に回転したキーボードは異様だ。思わず間違ってしまった。

Shoulder hacking diffence

特にこのレイアウトは異様だ。

麻疹にかかった、らしい

先週末にこの数年で一番高い熱を出してダウンしていたのだけど、気分の優れないまま一週間が過ぎたところで発疹が出た。麻疹、だよなぁ。病院に行くまで確定しないけど。

発疹が出る間での数日間から感染するらしいので、先週の水曜日あたりから私と空気感染した疑いのある方、もし熱が出たら遠慮なく会社を休むようにしてください。マジで。

病院に行ったら

「その発疹は麻疹ではない」と断言されました。

一安心ですが「特に病名はないがウイルス性の感染症」とのこと。関節炎も発心も熱も引かないので、症状が引くまで会社は休みます。すんません。

ウイルス名称対応表

AV-Test.org ? Tests of Anti-Virus- and Security-Softwareによる、セキュリティソフトウェアベンダーごとに呼称の異なるマルウェアの名称対照表。これだけで独立したページがあってもいいぐらいだ。

cross-reference list of all virus names (349 KB)

WildList January 2007をもとにしているらしいけど、とても見やすくてぐー。身近でなにかが発生したときに、マルウェアのリファレンスを公開してないような弱小ベンダーの製品で検出しても、大手ベンダーの潤沢な情報にすぐ向かうことができる。

今日紹介してもらったドイツの調査会社なのだが、産学協同で独立性を保っているとのこと。若いおにいちゃんから社長の名刺をもらったのでびっくりしたんだけど、名刺は社長しかもっていないのだそうだ。まぁなんて合理的。

スナイパーもの

土日は39度近い熱が出ていて床に臥せっていたのだけど頭ははっきりしていたので、積んどく状態になっていた小説を読んでいた。

銃社会、私はフィリピンの方が怖い。そこらへんのガードマンがショットガンとかリヴォルバーとか持ってビルの前に立っているんだが、どうみてもパチもん。どこに飛ぶかわからんような銃を沸点の低そうなガードマンが持っているのは危険な印象が拭えない。

極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)

極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)

極大射程〈下巻〉 (新潮文庫)

極大射程〈下巻〉 (新潮文庫)

もう少しまとまったレビューはbookweaver – t_traceの日記 – スティーヴン ハンター (著), 佐藤 和彦 (訳) 『極大射程』新潮社に書いた。

『フェルマーの最終定理』

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

ちょっとした時間つぶしに購入したのだけど、本当に面白かった。帰りの飛行機で胸がいっぱいになったよ。

サイモン・シン、すごすぎる。

サイエンスライターという職業は、日本では成立しにくいのかなぁ。

bookweaver – t_traceの日記 – サイモンシン, Simon Singh, 青木薫 『フェルマーの最終定理』 新潮社

もう少しまとまったレビューは下のレビュー専用はてなグループからどうぞ。