Panoで上手く合成するコツ

f:id:t_trace:20081118001236p:image

PanoPanoをiTunes Storeで見る

in front of MUJI Shop at Kichijo-ji

Kichijo-ji illumination

Shinobazu pond

上の三枚のパノラマ写真はiPhoneでPanoを使って撮影してiPhoneからFlickrにアップロードした写真、つまりiPhoneだけで作成されたイメージだ。だんだんパノラマ撮影が上手くなってきたがコツらしいものを見つけた。

いままではパノラマ撮影するときiPhoneを持ったまま体を回転させて撮影していたのだが、地平線が見えているような場所ならともかく、数メートル程度先の被写体だとズレが大きくなってしまう。合成を正確に行うには、iPhoneのレンズ(正確にはCCD面を中心に、となります。レンズが薄いのでレンズのあるあたりを中心に回れば大丈夫だとは思いますけど)を中心に回転するのがベストだ。宙に固定したiPhoneを中心に自分が回って撮影するだけで合成の精度は飛躍的に向上する。PanoやPanolab持ってる人はぜひ試してみてほしい。いままで合わせられなかった部分が魔法のようにピタっと合うことを発見するだろう。

画像補正にはPhotogeneを使って色温度と彩度の補正、シャープネスを若干向上させている。Photogeneもいいアプリケーションだ。

関連エントリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。