PIXARの作業環境がMac OS Xに移行

ようやく、移行できるようになったということですわね。

Macにといっても、MacじゃないApple製品のX Serve系列が効いたのかもしれない。G5 2GHz Dual(8GB RAM)は頼もしかろうし、ネイティブのRAID合わせても安価だし。

クライアントマシンでもIntelベースなら安く……とかってのがどうせ出てくると思いますが、ホントに安くなるのかなぁ……G5と同じような構成のマシンをマトモなサポートつけて買うとたいして変わらんのじゃないか?

例えばRAMを8GB搭載できるとか。64bitネイティブでない市販のアプリが使い切るようだと問題だけど、インハウスでサクっと作るようなツールだと簡単に使い切っちゃうはず。つか、自前のツールだとあっという間に2GBは使いきって落ちることがあったりするし、いつの間にかふくれた100億回の繰り返し処理とかで落ちたりするし。私に限ってはテクがないだけですが32bitの壁や精度の低さをつぶしていく必要がないってのは楽だろうなぁ。全部doubleで書いて64bitコード対応のコンパイラに通せばいいんだもんな。

副次的な効果として、まともなGPUのMac対応が進むことを期待したいっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。