Premiere for Mac開発中止

FCユーザーなんで全く実害ないんですが、残念ですね。ただ、致し方ないかも。エンドユーザーがただ動画をつなぐだけの用途だと、iMovieやちょっと凝ったことをするんでもFC Epxressで十分。業務でとなると…FCの機能には追い付かない。

マルチメディアコンテンツ用の動画を作るには確かに身の丈にあったツールだったとは思うのですが、長大な映像を「ただならべるだけ~。テロップ入るとすごく嬉しひ」なエンドユーザーと、マジ合成や凝ったタイトルワークをDVやWeb、DVDタイトル用映像ターゲットに書き出すのが必須の個人系だとAfter Effectがなければ仕事にならん。結婚式のビデオなどの、放送品質未満なビデオコンテンツ制作には本当に力を発揮していたツールだけに、市場が広がりストレージが安くなりプロセッサが高速になったことで身の丈にあったターゲットを失った感じ。

私も、AuditionというPremiere LEとPhotoShop LEのバンドルパッケージで映像編集をはじめたので愛着があるツールではあるのですが、今必要かといわれると、不要としか答えようがない。求めているユーザー層もよく分からん。

実際、Adobeがプロシュマーツールに注力してくれるのは歓迎したいしね。

どっちかつーと、MicrosoftのWindows XPのみで動作しCNET Japan:アドビ、新製品ではMacをサポートせずに注目だったり。MeはともかくWin2K切るってのがすごいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。