iAnnotate PDFで校正


初代iPadを購入して間もないうちからずっと使い続けているのだけど、このiAnnotate PDFほど具体的に仕事の質を変えたアプリはない。iPadとiAnnotate PDFで校正作業を行うようになってから、マウスやトラックパッドのようなポインティングデバイスを使って行う校正作業が本当にばかばかしく、苦痛なものになってしまった。ああ、なんてことをしてくれたのだ。

画面に直接書き込める赤字、そして修正しながらマーカーで修正済をチェックしていく作業がこれほどストレスなく行えるメディアには今まで出会ったことがなかった。RetinaディスプレイのiPadで使い始めてからは「紙」を超えていると感じることすらある。

初代iPadの頃はマルチページのPDFにOS X PreviewやAdobe Readerで読める注釈を入れられるアプリがiAnnotate PDFしかなかったという理由で使っていたのだけど、Adobe Readerなど、他のツールが同じようなことをできるようになった今でもパッケージやプレスリリースの校正、そして今は小説の最終稿を推敲するような作業に、やはりiAnnotate PDFを使っている。

iPadアプリの中でも長らくupdateされ続けてきたiAnnotate PDFは幾度かインターフェイスを大きく変えてきているが、常に「最新こそ最高」という状態を保ち続けている。A3の用紙にびっしり文字が書かれているようなドキュメントを快適にナビゲーションして、適切なツールをいつでも選び出せる優秀なユーザーインターフェイスは本当に素晴らしい。

作業の段階に応じて必要なツールを並べられるパレット──iAnnotate PDFのようなインターフェイスにこそ「パレット」という言葉を使いたいとすら思える──には、ペン、マーカー、スタンプ、注釈、ブックマーク、縦横フィットなどのナビゲーションボタンなどをのセットを配置でき、これをスワイプで切り替えられる。契約書のレビューや翻訳の下読み、レイアウトの校正、著者としての推敲で必要な注釈は大きく異なるのだけど、iAnnotate PDFなら簡単に必要なツールをまとめておいておける。

もちろんまだまだな部分もある。例えば、縦書きレイアウトのなかの文字を正しく扱えなかったりするのだけど、iOSの標準API を使っているアプリやAdobe Reader for iOSでも似たような状態だったりするのでiAnnotate PDFがことさら劣っている訳でもない。

ドキュメントの読み込みもOpen In…でメールやらSafariから、DropBox、Box、WebDAVのディレクトリ参照ができるのもポイント高い。どこかにあげておけばなんとかなるという安心感はなかなか得難いものがある。

This post is also available in: 英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE