Response++

aromatiqueさん、ありがとうございます。

# aromatique 『済んだ話題かもしれませんが、手軽にスクリプトを単体のアプリケーション化するツールとしてPlatypusなんてのがありますがいかがでしょうか。http://sveinbjorn.vefsyn.is/platypus
# aromatique 『管理者権限が要求されるようなスクリプトでも、advansd optionsの”Required Administrator privileges”にチェックを入れればOK。出来たアプリケーションをダブルクリックすると「”foo.app”に変更を加えるにはあなたのパスワードを入力してください」という例のダイアログが出てきて管理者権限を認証できます。』
# aromatique 『ただし、上記のsudoが入っているスクリプトだと認証が二重になってしまいうまく動かないようなので、 こいつに読ませるスクリプトには3行目と4行目のsudoを除いたものを用いる必要があります。では連投失礼しました。』

反応速度の向上、へのaromatiqueさんのコメント

Administrator privilegesをオンにすると、sudo -sしてから実行しているようです。

ほとんどのケースで問題がないんですが、root権限のハードウェアドライバというのがあってですね*1、renice -0 `whoami`でrootのプロセスが全部0になっちゃうんですよ。

でも、現時点では実用上問題ないと思うんで公開しちゃいます。

起動して管理者パスワード入れると、以下のスクリプトを実行します。

Response++.app/Contents/Resources/script

を編集するなりして、自分の作業環境に合わせて改造してもいいっすね。私は、renice 0 -u [自分のユーザ]を追加してます。

renice 0 -u `whoami`
renice -20 -p `ps -acx -o pid,command¦grep WindowServer¦awk '{print $1 }'`
renice -20 -p `ps -acx -o pid,command¦grep SystemUIServer¦awk '{print $1 }'`

*1:出力しっぱなしのデバイスなら構わないんですが、入力があるデバイスだとデバイスからのエラー入力でカーネルパニックに落ちる可能性があるんで、個人的には辞めてほしいっす。Wacomのタブレットとかデキの悪いGPUのドライバとか……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。