短編「コラボレーション」発表


sfm-2013-2

皆様、お待たせしました。Gene Mapperと同じ世界を共有する新作「コラボレーション」を、本日発売となったS-Fマガジン 2013年2月号の紙上にて発表することができました。Gene Mapperで試みた、今この場から見える未来の情景を描き出すという挑戦へ、歴史ある紙面の上で挑ませていただけたことを関係者の皆さんと、Gene Mapperを応援してくれた皆さんへ感謝します。
昨年からという、極めて短い執筆キャリアしか持たない私の作品を日本唯一のSi-Fi専門誌に掲載していただくこととなったのも、Gene Mapperを応援してくれた皆さんの声と無縁ではありません。
電子書籍でセルフ・パブリッシングされたGene Mapperと異なり、原稿用紙にして50枚という限定された紙幅と締め切りの中で、SFのプロフェッショナルである早川書房の編集者と共に作り上げた作品です。

匿名主義者が配布しているプライバシーフィルター「アノニマス・ケープ」を常用する時代遅れのエンジニアが、トゥルーネットの奥底に今も生きるインターネット時代のサーバーで見たものは……

そんな「コラボレーション」は、なんと巻頭のカラーページ直後に掲載されています。
また、今号のS-Fマガジンで私の作品を収録した「日本人作家特集」では次代を担う作家として、樺山三英さん、宮内悠介さん、オキシタケヒコさんの作品も合わせてお読みいただけます。

ぜひ、書店で手に取ってご覧下さい。

This post is also available in: 英語

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE