SONYのノイズキャンセンリングヘッドホンを新調

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック MDR-NC22 B

SONY ノイズキャンセリングヘッドホン ブラック MDR-NC22 B

前の機種は15kg運搬する出張鞄に入れて新幹線などで使っていたのだが、今日鞄から掘り出してみたらあえなく分解していた。作りが安っぽかったわけではないけど、ちょっと乱暴に扱い過ぎたかもしれない。反省。

てなわけで、名古屋で新たに購入したMDR-NC22をiPod touchにつないで帰りの新幹線に乗っているわけだが、さすが新型、ノイズキャンセリング効果が向上しているのは当然として、音のバランスが向上しているのは嬉しい。ライトオーディオ機器のまとめ方はさすがに上手。

旧型にはあった音量調整機構がオミットされているけどiPodで調整するからあんまり関係ないし、旧型のマイクロアンプで音量調整された音はバランスが良くなかったので、おいしいバランスで決め打ちになっている現行の仕様の方がありがたい。

新機能の「外音モニタ」ボタンは面白いし音もいいんだけど、ちょっと使いにくい。「付けられるから付けました」という匂いを感じるのがもったいない。機能が存在しているだけじゃ意味がないよ。

外部モニタを有効にするためにボタンを押しっぱなしにしなければならないのだが、この実装はトランシーバー的で楽なんだろうけど、もうひとひねりあれば製品に惚れ込むポイントになるはず。

まず、ボタンはトグルスイッチのほうがいい。ヘッドホンで音楽を聞いていてウザいのは、買い物などをするときの対応だ。そんなときに片手を塞ぐインターフェイスじゃ使えない。更に高級感を出すなら、外部音とライン入力を0.3秒ぐらいクロスフェードしてくれるといいね。クロスフェードがあったら間違いなく惚れ込むだろう。

以前に購入したフィリップスのカップ型は遮音性能が高くてインイヤー型よりも耳が疲れないので飛行機で移動するときに相変わらず使っていたのだけど、MDR-NC22は耳へのッフィット感も向上しているし、なにより軽いので、熟睡が必要ない国内出張にはMDR-NC22を使ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。