SOYUZのトラッキングを終えて

おととい打ち上げられたSOYUZ TMA-04を自作の3Dビューワー「Our Sphere」でトラッキングしていました。打ち上げとドッキングの成功、おめでとうございます。

SOYUZ TMA-04M and ISS

今回のトラッキングのために、Our Sphereに「イベント」という要素を盛り込みました。http://oursphere.info/widget.html?event=trueで表示されていたSOYUZとISSは、イベントのオーナーが更新するとリアルタイムで変更されていました。リアルタイムに変更されたことに気づいた方がいると嬉しいのですが、そこまでご覧になっている人は多くなかったようです。

今後、URLのクエリに?event=[event code]をつけて、皆さんが個別に地図や衛星の状態、そして時刻やマーカーを共有できるように拡張していきます。まず、全世界で共有されているビュー・アングルを他のイベントと切り離せるようにしなければなりませんね。

Our Sphereには二つのリアルタイムな要素があります。

一つは、二週間ほど前に実装したビューアングルの同期です。Our Sphereを見ていると、時々勝手に回転することがあるかもしれませんが、それは、どこか別の場所で閲覧されているOur Sphereの回転と同期しているのです。バグではありません。

もう一つが今回のトラッキングのために搭載した、衛星のオンオフです。今回のイベントではISSとSOYUZの軌道情報が刻々と変わります。そこで、ビューアングルの同期にも使っているWebSocket越しに衛星の軌道情報(TLE)をご覧になっているブラウザーで直接書き換えることにしました。あわてて搭載したのですが、うまく動いてくれたのは嬉しい限りです。

最後に、軌道要素が頻繁に変わることなどをGoogleSatTrackの柏井さんから教えてもらえなければ、ドッキングまでを追いかけることはできなかったでしょう。柏井さん、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。