Space間でDrag & Drop

Mac OS XはFinderでのファイルに限らずいろんなものをドラッグアンドドロップで移動することができる。

テキストフィールドのテキストや画像、ウインドウのタイトルバーのファイルアイコン、Safariに表示されている画像、iPhotoの写真など、多くの「ドラッグ対象」を他のアプリケーションへドラッグして持ち込むことができ、コピーペーストと同じ働きになる。

そこで問題になるのが仮想デスクトップ「Spaces」間のDrag & Dropだ。ウインドウと違ってファイルをウインドウの端っこまでドラッグしても横の領域に移動しない。

そういうことがしたい場合にはドラッグしたままでSpacesを起動して、目的のウインドウへ移動、ドロップ操作を行えばいい。とても簡単だ。

やると簡単だが、やはり文字では伝えにくいのでスクリーンキャストをアップロードした。

なぜかポスターイメージが出てこないな。


D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。