SVNクライアント

DayTripperさんのtwitterで期待してたSCPluginに再度挑戦。以前はIntelMac登場直後ということも遭ってまともに動かなかったのだけど、今回はすばらしくきちんと動作した。

そもそもSCPluginとは

scplugin.tigris.org

定番のバージョン管理システムsvnのMac用クライアント。Finderとの完全統合が大きな特徴。

Windowsにはtortoisesvnという、シェルと完全に統合されたExploreプラグインがあって、事実上これがファイナルソリューション。ファイルに「編集済」や「最新リビジョンと同一」のようなバッジが追加され、フォルダやファイル単位でコミット(バージョン管理システムに、新たなリビジョンとして登録する作業)することができる。

いまどきVCやXCodeなどのアプリケーション開発用環境にはsvnクライアント機能があるので、デスクトップアプリケーションを開発するならIDEに統合されたクライアント機能を用いる方がいいのだが、文書や画像などのリソースを大量に使用するWebアプリケーションやWebサイトそのものの開発を行うにも適しているので、クライアントソフトウェアが必要になる。

いままで、Mac OS XではiSVNやsvnXなど使ってきたけど、ファイルブラウザがどうにも使いにくかったのでtortoisesvnのあるWindowsがうらやましかったのだが、これのMac OS X版に相当するのがSCPlugin。

今日ちょっと使ってみたけど、ちょっと不安定なところをのぞくと、やっぱりすばらしい。もうsvnクライアントで悩む必要はないな。

インストールとか

SCPluginはコンテクストメニュープラグインなので、プラグインバンドルを~/Library/Contextual Menu Itemsにドラッグする。

以上。

svnのインストールは必須。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。