Illustratorで片方を固定した整列


久しぶりにAdobe Illustratorを使っているが、すっかり使い方を忘れてしまって……いない。ほぼ身体に染み付いたように覚えていることに驚く。作った覚えのないレイヤーが増えていたりするのは、ショートカットを覚え直しで解消するだろう。

最後に集中的に使っていたのがCS2なので、何年前だろう。CS6は表現力が上がっているのがありがたい。

身体に染み付いているなどと冒頭でうそぶいてみたが、すっぽり抜けているTipがあった。思い出したので、備忘録を兼ねて記しておく。

Illustratorの整列パネルは選択しているオブジェクトを全て動かしてしまうが、動かしたくないアートワークがあるときは、オブジェクトをオブジェクト選択ツールでもう一度クリックすると、基準オブジェクトにすることができる。

この例では、「G」の後ろのパスを「G」の縦中央に整列させている。「Gene」のレイアウトは崩したくないが普通に縦中央への整列を実行するとGの位置が下がってしまう。ここで「G」と背景のパスを選択した後で、もう一度「G」をクリックして整列の基準オブジェクトへ設定すると文字を動かさずに背景のパスを揃えることができる。

余談だけど、後ろのふわっとした線がCS6の線に対するグラデーション塗りだけでできてしまうのは素晴らしいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE