URL関連の脆弱製について

このセキュリティ・ホールを完全に塞ぐためには、Apple は Mac OS X のアーキテクチャそのものを、しかもその本当の根幹部分を修正しなければならず、そのためには、私たちがこれまで慣れ親しんできたいくつかの機能を犠牲にすることも伴わざるを得ないかもしれない。

URL ベースの Mac OS X 脆弱性について説明する

かなりまとまってる文書みつけた。

筆者の意図とは全く違うかもしれないが、本当の根幹部分を修正しなければならないってのはその通り。何度も/Applications以外からアプリを起動させるな、とかちょっと乱暴に書いているのはそういうことなんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。