Xacti慣れてきた

最近Xactiで狙った絵が撮れるようになってきた。

SANYO デジタルムービーカメラ「Xacti」(ビンテージシルバー) DMX-C6(S)

SANYO デジタルムービーカメラ「Xacti」(ビンテージシルバー) DMX-C6(S)

る明るさのときにそれぞれのプログラム撮影モードでどのような絞り、シャッタースピー

ドが選ばれるかだんだんわかってきたのが大きい。

スポーツモードの限界シャッタースピードが1/15、夜景で2S。オートモードでは、光が十分にあるときに、絞りではなくシャッタースピードを稼ぐ方向に向かう。風景モードで明るさが十分でも1/3.5の解放値が選ばれることがある。フォーカス距離がそれぞれのモードでどういう順番で選ばれるか……云々。

Zizi portrait

例えば上の写真だと、スポット測光で暗いところにAEが入るとスポーツモードで自動的に絞りが開放(この場合4程度)になるのでモデルに止まっていてくれと念じながら(動物をきちんと止めるには本来1/60~1/250程度が必要)露出補正を-2evかけて毛の明るい部分にフォーカスを当てて撮影する、とかいう感じ。

本末転倒である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。