:zeroviewのバグフィックス

昨日公開した[0]:zeroviewですが、JavaScriptで動的に生成されるHTMLのbody要素の高さを正常に取得できない問題がありましたので,修正しました。

body.offsetHeightはDOMへのappendの方法によって、描かれている状態のサイズを返さないことがあるらしい。

scrollHeightを用いることにしました。

target.offsetHeight  → target.scrollHeight

ブックマークアプリケーションの[-]:dashmarkもそろそろテコいれしようかなぁ。

[0]:zeroviewみたいなものがジャストアイデアで20分程度で作れてしまうのは楽しいからいろいろ作りたくなっちゃうんだけどね。

大変申し訳ないのですが、昨日ブックマークレットを登録した方は再度登録し直してくださいませ。

ブックマークレットのソフトウエアアップデートを行うアイディアもあるんだけど、それはまた今度。

早くなった

id:DayTripperさんからTwitterで指摘されたんだけど、アニメーションが早くなった。

変更したのは上記のみなので、offsetHeightの取得にやたらと手間を食っていた、ということなんだろうか。こればっかりはWebKitのソース読まないと理由がわからない。

さらに修正

target.offsetWidth  → target.scrollWidth

幅の取得も修正した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。